バドミントンでの足の運び方

皆さん、こんにちは!
バドミントン好きの佐野です\(^o^)/

自分の休みの日は必ずと言っていいほどバドミントンをやっているのですが、最近練習のする時に何か一つ自分の中で
テーマを作ってやっています。

最近ですと「足の運び方」をちょっと意識してやっています。

今まではシャトルに追いつければOK!触れれば大丈夫みたいな感覚でやっていました。
そうすると、足の運び方はあまり意識せずにやっていたので二歩で届くところを三歩かかったり、たくさん動き回るので
体力の消耗が激しかったりと、動きの中で無駄な動きをたくさんしていることに気がつきました。

そこで、自分の中で足を運ぶ上で何点か意識するポイントを作ってやってみました。

 1 重心を少し、つま先重心にする
 2 膝を軽く曲げた状態でポジションする
 3 足の位置を、肩幅より少し広いスタンスで構える

この3つを練習中、試合の中で意識してやってみたところ。
こんなところが変わりました!

 ・動き出しが早くなった
 ・体の運びがスムーズになった
 ・体が安定しやすくなった

バトミントンは、シャトルがコートに落ちる前に触らないといけないので一歩目が遅れてしまうと間に合わなかったり
しますが、今回この3つの事を意識して練習してみると、以前と比べてラクに動ける事に気がつきました。

これを普段の生活の中で活かせるとすれば、ずっと立ちっぱなしの状況が続くと腰や足が辛くなってきてしますので、少し
膝を曲げて立つと腰や足にかかる負担が軽減出来たり。
立っている時の足のスタンスを、普段立っている時より少し足を開いて立つことによって重心が安定し、体の移動がスムーズに
行えると思います。

皆さんも、普段の生活の中でちょっとだけでもいいので意識してみて下さいね!

当院の口コミが掲載されています。
エキテン

sano

 - news