立ち止まったりゆっくり歩いていると腰が痛くなる。解消の仕方その二

こんにちは!中山です(^^♪

今日はゆっくり歩いていると腰が痛くなる方の為の
解消法を書きたいと思います。

僕もウインドーショッピング等で、ゆっくり歩いていると
腰が痛くなっていました。

スタスタ歩いている時は痛くならないので
なんでかなぁ?って考えてました。

すると気づいた事がありました。
スタスタ歩いている時と、ゆっくり歩いた時の歩幅が明らかに違いました。

ゆっくり歩いた時の歩幅が、スタスタ歩く時よりも狭かったんです。
でも何でそれで腰が痛くなるのか?疑問に思う方もいると思います。

皆さんは腰の筋肉が後ろにあるのは、知ってると思いますが
実は前にもあるんです。

しかも、その前側の筋肉の伸び縮みが重要だったりします。

歩幅が狭い時は、その筋肉が伸び縮みする運動が小さくなります。
逆に歩幅が広い時は、伸び縮みする運動が大きくなります。

筋肉は大きく伸び縮み出来た方が柔軟性を保つことが出来るので
運動がスムーズに行えるようになるんです。

じゃあどうすればいいかって。
そうですね、とりあえずほんの少しだけ歩幅を広く歩いてみて下さい。

まさかそれだけ!って思う方もいると思うので
次回は腰の前側の筋肉のストレッチの仕方を書きたいと思います!!

当院の口コミが掲載されているサイトです。
エキテン

nakayama

 - news