全力で生きる

おはようございます!中山です(^^)
 
中山ぽこ
 
昨日、Facebookで繋がっているお友達の投稿を見て
凄く考えさせられました。 

それがこちら 
すべての人が読むべき手紙
 
この手紙を読んでいると自分が悩んでいる事が
凄くちっぽけに感じてしまいました。
 
  
僕の弟も14年前に血液のガンで他界しました。
彼が成人式を迎える年で。 
 

弟はこの記事の彼女の様に
考えていたのかぁと思うと胸が苦しくなります。
 

僕も当時は若かったので
悲しいという事だけが先行して
彼の気持ちが分かってあげられてなかったんじゃないかと思います。 
 
あれから僕も年齢を重ねていって
少しは人の気持ちを分かってあげらる様なったと思います。
 

必ず人は遅かれ早かれ死にます。

死期が近づいた時に
後悔の念を抱きながらではなく
「楽しい人生だったなぁ」と
笑顔でいられる最後を迎えれたら最高だなと思います。
 

今を生きている僕達は
記事の彼女や僕の弟みたいに
生きたくても生きられないという状況ではないので
与えられた時間を、一生懸命に生きる事に
全力を注がなきゃいけないなぁと感じました。
 

そう考えた時に、バンド活動を再開する事をチョイスして良かったと思っています。
一度はドラムを叩く事が楽しくなくなって
辞めてしまいましたが、音楽から離れて時間が経てば経つほど
心の何処かで「またやりたいなぁ」と思う気持ちが強くなっていったからです。
 
 
僕はたまたま、やりたいなぁと思った時に
再結成の話がありましたが
皆さんも、生きていく上で大事な選択を迫られる事があると思います。
 
 
そういう時は、いっぱい迷っても良いと思います。
でも、後悔しない様な選択をして欲しいですね。
 

 

 

 - news

      2018/01/17