【整形外科との違いは?】  

こんにちは!中山です(^^)
 
がっちり
 
腰痛になった時に 
接骨院と整形外科どちらに行っていいのか
迷う時がありませんか?
 
 
答えはどちらに行かれても
正解だと思います。
 
 
整形外科に行くメリットは 

レントゲンやMRI等の画像診断が出来て
骨の状態等を把握出来る事。
痛み止め等の薬が処方出来る事。
そして理学療法士さんが
リハビリ指導をしてくれる事。 
 

接骨院(当院)のメリットは 

背骨や筋肉に直接触れて
関節の可動域や炎症の有無等を
確認してカイロプラクティックの施術で
早期回復が見込めます。
 
 
逆に整形外科のデメリットは 

ギックリ腰の場合は筋肉の影響が大きいのですが
筋肉はレントゲンには映らないので
「骨に異常がないですね」と診断されて
薬とシップを渡されて終了の場合が多いです。

全部の整形さんがそうではないと思いますが
多いと思います。
※(最初に整形に行ってから、当院にいらした患者さんの声です)
 
 

そして接骨院(当院)のデメリットは
 
医師ではないので診断が出来ません。
薬も処方出来ません。
レントゲン等の画像診断が出来ません。
 
 
どちらにも
一長一短ありますが 

僕達の技術は背骨を触れて
原因を特定し
体を整える
唯一の施術です。
 
池袋で15年
延べ30万人の患者さんに
愛された施術です!! 
 
興味がある方は
一度受けてみて下さいね!! 
 

お電話はこちらへ

 
 
#池袋 #サンシャイン通り接骨院 #腰痛 #肩こり #デスクワーク #立ち仕事 #カイロプラクティック #整体 #ギックリ腰

 - news