人のために

こんにちは、土田です(*^_^*)

東京は朝から青空

気温は低いけどなんだか心地いいですね

最近僕が診させて頂いて居る方のお話しなのですが(ブログに書くことは了承頂いております)、

その方、2年ほど前に、脳梗塞を患い、右半身が麻痺、言葉も話せなくなってしまったんです。

最初は、お医者さんにも匙を投げられて(投げるな!!)しまったそうですが、絶対に良くなると信じ、それから懸命なリハビリを行い、今では、たどたどしい時はあるけど会話が出来、杖も使わないで歩くことも、手を使った細かい作業も出来る様になっています。

その方はあきらめずに、
「もっとよくなるぞ、もっとよくなって同じ病気の人にも良くなる可能性があるってことを知ってもらうんだ」
という気持ちで取り組んでいたそうです。

そして入院中も、車いすで移動しながら、同じような病気の方のところにいって、からだをさすったり、マッサージしたりしていた、というお話も伺いました。

自分の事だけで精一杯になってもおかしくないのに、それでも周りの人のために出来る事をやっていたというのは本当に凄い事だと思います。

きっとそういう、「自分の為」だけではなくて「人の為」という想いがここまで回復させたんだろうなと、毎回施術させて頂く度に変化をしている姿を観て、思わずにはいられません。

僕もこれからもっとこの方の助けになることができるよう、頑張っていきます。

 - news