どうして筋肉痛になるの?

筋肉痛には2種類あります。

一つは「即発性筋痛」、運動後すぐ起こるものです。

即発性筋痛には筋膜の断裂と疲労物質が溜まることによって起こるものがありますが、

多くは後者です。

疲労物質とは乳酸と一緒に作られる水素イオン。

それにより、筋肉が 極度に酸性になると

「痛い」「だるい」「重い」という感覚が 生じます。

もう一つは「遅発性筋痛」。翌日に筋肉が痛いというもので、

いわゆる一般的な筋肉痛です。

運動によって筋細胞の中にミクロの傷ができ、そこで炎症反応が起こる。

炎症が起こると、外傷や毒素で活性化するヒスタミンがつくられます。

その中に痛みを引き起こす物質があるので、

炎症と共に筋肉が腫れ、熱っぽくなったり、力を入れると

痛くなったりという状態になります。

筋肉痛になった場合、運動直後なら、冷やすとよいです。

夜は入浴後、ストレッチで血行を促し、炎症の治癒を早めるのがいいと思います。

また、運動後ストレッチでケアしておくと、筋肉痛を軽減できます。

是非、皆さん試してみてくださいね!pose_nobi_woman

 - news