「肉離れ」とは?

筋肉の中には膜(筋膜)が複数あります。

一本一本の筋線維の外側に「筋内膜」があり、

いくつか束になった筋線維を覆う「筋周膜」があります。

そして、筋周膜に包まれた筋線維束がいくつか集まって、「筋外膜」に包まれる。

このように何重もの膜で包まれている為に、筋肉は強く、壊れにくい構造になっています。

それでも強い力で引っ張られたり、大きな力が集中すると、

その筋膜が裂けることがあります。しかも筋膜には血管、神経がたくさん走っているので

出血や痛みが同時に起こります。

筋膜に傷がついた状態、これを「肉離れ」といいます。

では、どんな時に起こるのか?

多くは筋肉の使い方に起因していそうです。

例えば、筋肉のある部分はすごく使われていて、ある部分は全く使われていない、といったケース。

均一でない力が筋肉にかかった時、筋膜が切れやすくなります。

寒い日、疲労が残っている時起こりやすいことを考えると

筋肉の調整力の低下が関連してそうです。

「肉離れ」防止には、栄養や疲労、気温などに気を配り、

筋肉の状態を良くすることが鍵ですね。tsukare_girl

 - news