インナーマッスルって?

一般的には「外から触れない筋肉」と定義されてます。

エクササイズの分野では、身体の深い所にあり、姿勢維持や関節のポジショニングの為の筋肉を指します。

パワフルな運動や大きな動きをする為の筋肉ではなく、

関節が正しい位置で動くようにキープしたり、

姿勢をキープするために働いている筋肉です。

最初は肩の外旋筋群というインナーマッスルが注目されました。

その後骨盤周辺の大腰筋、脊柱起立筋(多裂筋)、中臀筋などの

インナーマッスルがクローズアップされてきました。

姿勢や関節のポジショニングを保つことで、健康になろう、という動きですね。

インナーマッスルは姿勢を正す為、ずっと使われているので、

活動している時間がとても長い筋肉です。

しかし本人が意識しにくい筋肉なので、鍛えるのも難しい。

まずはピッチャーがチューブを引くように、ある特定の動作で

筋肉の目を覚ますことから始めてみませんか?

 - news