痛みが出てきた時は…

こんにちは!
サンシャイン通り接骨院の佐野です!

皆さんもお仕事をしている時や、プライベートで遊んでいる時や日常生活の中などで急に腰が「痛い!」となって、そこから段々とズキズキ痛くなっきた経験はありませんか?

すぐに治療院に行って施術を受けたいけど、なかなか見つからず受けられない!
そういった時に、自分でも簡単にできる対処法や注意点をお伝えしますね!

1.患部を冷やす
痛みが出ると「炎症」といって、患部が熱を持ち始めます。
その時に温めてしまうと、患部に血液の流れがよくなってしまい痛みが強くなってしまう事があるので気を付けて下さいね。
冷たい湿布や保冷剤がない場合は、冷たい飲み物が入っているペットボトルでも代用出来ると思います!

2.痛みを確認する動作を控える
痛みがある時に、痛みを確認する動作を沢山してしまうと、痛みを認識しやすくなってしまうのであまりオススメしないです。
「ここまでは動ける!」という動きの確認はOKです!

3.ラクな体勢でいる
痛みがある時は自分がとっていて「この大勢だったらラクだなぁ~」という大勢で安静にして下さい!

まずはこの3つの事を意識して頂けると、痛みも少しラクになると思います。

次回も簡単にできる対処法や注意点を書いていきますね!

エキテン

sano

 - news