猛暑は体を壊します

「最近、ひどく体調を崩す」「体力がガクンと落ちた」

こうした症状は近年の猛暑が関係してます。

かつての夏は、夜は涼しくなり、寒さから身を守らなくてはならない冬よりもラクな季節でした。

しかし、近年の夏は、体温を超えるほどの気温や高い湿度、寝苦しい夜が続き、

回復の時間を与えてもらえません。

夏にダメージを受けた体は異常が生じやすくなります。そして、弱ったまま翌年の猛暑を迎え

さらに体を壊すという負のスパイラルができてしまうのです。

では猛暑によるダメージとはどんなものでしょうか?

体温を越すほどの外気は、それ自体強い刺激です。サウナに入り続けている状態となる為

体はそれに耐えるべく緊張します。その緊張した部位の血液やリンパの流れ、神経の伝達

が悪くなり、硬く冷たくなっていきます。これが続くと、筋肉や骨、内臓が正常に働かない状態に...

こうした体の中に、部分的に死んだような箇所が生じます。それでも体は生きるため

そこをカバーすべく他の部位が酷使され、壊れた部分以外にも不調を連鎖させます。

こうした症状を根本から解消し、弱った体を蘇らせる鍵として

日頃の施術を受け続けて頂きたいと思います。

 - news