体のサビつきは連鎖する

皆さん、こんにちは!平野です。

患者さんの体を診させて頂くと、呼吸器の異常が腰からきていたり、と

意外な所に原因が見つかることが多々あります。

これは、サビつき が、ひとつの部位で終わらず、他の部位にも次々と連鎖する為です。

食べ物の消化や全身に血液を巡らせる動き など、眠っている時でさえ無意識に様々な生命活動を行っています。

このように、常に体は動いているのです。

さらにもう一つ、全身の連動に欠かせないのが重力です。

二足歩行をする人間の体は、背骨のS字カーブや足首、土踏まず など、多くのアーチを備え、

これらの骨と周辺の筋肉が連動することで、体の重さや重力を受け流すようにつくられています。

こうして体は、意識せずとも生命活動や重力によって、24時間使われているのです。

それ故、何処か一箇所でもサビつくと、必ず他の部位に負担がかかり、やがてそこも

疲弊してサビつき、このサビつきが新たな負担を生み出し・・・と恐ろしい連鎖が始まります。

最終的に病気や不調につながりますが、本当の原因をつかむのが難しく、どうしても

患部のみに意識がいきがちです。

こうした悪い流れの起点を探り、根本から改善する為に体の状態を知る、ということが大切なのです。

 - news