ギックリ腰に自信があります!

ギックリ腰は、スポーツや重たい荷物を運んだ時など、急な負担がきっかけとなって痛めてしまうケースがよく知られています。
 
他にも、急な負担ではなく、普段はどうという事もない日常的な動作の中で、本人も気づかないまま痛めてしまうという事もよくあります。
 
知らず知らずのうちに、からだが疲れていたりすると、骨盤や背骨の歪みがおこったり、筋肉が硬くなったりしてしまいます。
 
その状態になると、急な負担ではなくても痛めてしまう事があるんです。
 
 

ギックリ腰の特長

 
ギックリ腰の症状の特徴というのがいくつかあります。
・急に、ズキズキと痛み出した
・屈むなどの動作が痛くて普段より出来ない
・痛いところが熱っぽくなったり腫れてきた
以上の事に当てはまるなら、ギックリ腰の可能性があります。



やってはいけないこと!

 
そして、ギックリ腰を治していく中で、絶対やってはいけないことがあります。
 
それは
・痛い箇所をもみほぐしたり、ストレッチをする
・痛い箇所を温める
 
ギックリ腰は痛めた箇所が炎症を起こしているので、上記の事をおこない血行が良くなりすぎると、腫れも増し、痛みもより強くなり、炎症の回復も遅くなります。
 
まず痛めた箇所は、アイスノンや冷湿布で冷やして安静にしましょう。



当院にお任せください!

 
サンシャイン通りカイロプラクティックのギックリ腰治療の特徴は、
・矯正用の特殊なベッドを用いて施術をしていくので、痛めた箇所への負担を少なくすることが出来ます。
・院独自の段階評価を用い、治療のステップを明確にしながら施術を受けることが出来るので安心です。
 
 
ギックリ腰や寝違えなどの急な症状は、2週間の間に5回以内の施術で治る事を目指していますが、痛め始めの強い痛みなら、まずは最初の2回ほどの施術で落ち着いてきます。
 
 
【痛めが出始めの時期】
ギックリ腰は、痛みが出てからの1、2日が痛みのピークであることが多いようです。
この時期は、痛めている箇所を動かしたりほぐしたりはせずに、骨盤矯正や、周辺の骨や筋肉のバランスを整え、痛みから回復するために必要な姿勢や、動作を取りやすくなるように施術を行います。必要に応じてアイシングや、テーピングを用いた施術も行います。


【ズキズキとした痛みや患部の熱が無くなってきたら】
 
ギックリ腰の炎症は、早いと3、4日、遅くても1週間ほどで治まります。
痛みも、最初のズキズキとした痛み方ではなく、動き始めの痛みや、重だるい痛みに変化してきます。
この時期は、痛めた箇所の周辺の筋肉などが固くなりやすいので、動作時に筋肉が痙攣し痛みを感じることが多くなります。
しっかりと周辺の筋肉もほぐしながら矯正し、日常生活が問題なく過ごせるよう、姿勢や動作のアドバイスも含めながら施術を行い、症状の改善を図っていきます。
 
ギックリ腰は放っておくと、痛みが長引いたり、短期間の間に痛みを繰り返してしまう方もいらっしゃいます。
そうならないよう、急な痛みが出た時は出来るだけ早く、短期間の間に集中して施術していくことが必要になってきます。
痛みも強いし、日常生活や仕事もままならなくなったり、不安な事もあると思いますが、ギックリ腰は必ず治ります。
 
僕たちと一緒に、しっかり治していきましょう。