先生の紹介

院長:中山昭仁

naka
[出身]福岡県

[趣味]音楽鑑賞 映画鑑賞 ドラム演奏

[大切にしていること]
患者さんとの関わりを大切にする為に、なるべく顔と名前を覚えるようにしています。

[この仕事を始めた理由]
前職を辞める時に、自分に何が出来るか?って考えた時に、小学生の頃、家族に肩たたきをして、喜ばれてとても嬉しかった記憶があって、この仕事を始めました。

土田 政文 先生

tuchida
[出身]北海道

[趣味]ヨガ、サッカー、料理、読書、旅行

[大切にしていること]
安心
からだの状態を患者さんと一緒に確認する
歪みだけでなく、姿勢やからだの使い方のクセも診ます。
[この仕事を始めた理由]
僕は昔、サッカーや芝居をやっていました。その中で、自分自身がプレイするよりも、からだを使っている人たちが困った時に、助けたり、手を貸すことで、その人や周りの人たちが幸せになるためのサポートをしたいと思ったからです。

青木 博則 先生

aoki
[出身]栃木県佐野市

[趣味]楽器演奏(ギター等)、料理、プラモ作り、インラインスケート、ぼーっとする、気になるところや古着屋巡り、料理、部屋に籠ってギター弾いたり漫画読んだり。

[大切にしていること]
穏やかでゆったりできる雰囲気、笑顔、気軽さ

[この仕事を始めた理由]
前職のときに痛めた腰を、こちらの院で治してもらい、そこから自分も同じ症状で悩んでいる人たちを良くしていきたいと思ったから。

佐野 司 先生

sano
[出身] 東京

[趣味] バドミントン、映画鑑賞(ジャンルは色々観ます)

[大切にしていること]
安心・安全を心掛けて施術をする。
相手を否定せず、受け入れること。
身体の変化をしっかりと実感してもらうこと。

[この仕事を始めた理由]
自分がなぜこの仕事をしているのかと言うと、まずは人の役に立てるというところが大きいです。
「身体に痛みがあって辛い」「身体のつかれがなかなか取れない」などいう悩みがある人を、カイロプラクティックという手技療法で悩みを解決してあげたいという気持ちがあるからです。
あとは、痛みや身体の辛さが取れた先に待っている患者さんの笑顔が観たいのもあります。
施術を通して、患者さんとの会話やコミュニケーションを測れるのも楽しいと思い、この仕事をしています。
一人でも多く、身体の辛さを取ってあげたいと思っています。

平野 孝典 先生

hirano
[趣味]お酒の雰囲気を楽しむ事

[大切にしていること]
患者さんが何に困っているのか、どうなりたいのか、を共に感じることです。

[この仕事を始めた理由]
この仕事に就いた理由は、小さい頃親の肩揉みをしてたとき、褒められ、ヒトの身体をラクにして喜ばれることが嬉しいと感じたからです。