筋肉の疲れを取るには?

こんにちは、平野 孝典です。

「筋肉の疲れ」については、様々な解釈がありますが、数値化できるものとしては

「筋力の低下」でしょう。筋力の低下をいち早く回復させるにはアミノ酸や抗酸化物質、

すなわちビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールははっきり効果が確認されているようです。

これらの栄養素は、筋肉の分解を抑え、疲労を軽減し、修復も早めてくれます。

次に、短期的な疲労を軽減する栄養素を考えてみましょう。朝、昼、夜に試合がある場合、

一番効果的なエネルギーは、すぐにエネルギーとなってくれる糖質です。

果物、おにぎり などですね。自分の身体にあったものを摂って下さい。

最近、話題の栄養素にクエン酸がよくあがります。梅干、レモン、酢ですね。

クエン酸が効く、という根拠は、有酸素系の代謝経路の主要部分を担っている

「クエン酸回路」の材料になっているからでしょう。クエン酸を沢山摂って、

クエン酸回路を活性化することで、エネルギーも沢山供給されるという考え方からきてるのだと思います。

が、真偽のほどは分かりません。

ただクエン酸そのものは酸っぱくて爽やかな味なので、心理的には疲労回復の効果はあるかもしれません。

でも、全体的に代謝回路を動かそうと思えば直接エネルギーになってくれるグルコース、

つまり、糖質のほうが効果的だと思います。糖質によりパフォーマンスの回復が

早まることは研究で確認されているみたいです。

 - news