一緒に治していきましょうネ!

こんにちは、サンシャイン通り接骨院の平野です。

先日、学校の英語の教師をされている方が「右肩が痛くて、上がらない」との訴えで来院されました。

黒板に板書するのが辛いし、できないと困る、との訴えでした。

ぼくも学生時代を思い出しましたが、黒板の板書って、けっこうやりづらいんですよね。

身体は安定しないし、力は入っちゃうし、苦手でした。

それを毎日されているこの方をみていると「絶対、治したい!」というおもいがこみ上げてきました。

お身体を丁寧に診ていくと、背中が丸くなり、肩甲骨が前方に傾いていました。肩甲骨の位置と肩の動きって関係が

あって

位置のバランスがくずれると、肩が上がらなくなったり、痛みを生じるようになってしまいます。

この患者さんに対しては、まず骨盤を矯正し姿勢を整え、肩甲骨の前傾をゆるめるように動きをつけていきました。

「肩上げてみてください。」施術前後の確認をさせてもらうと、痛みを我慢しながらも上がるようになってました。

まだ完全ではない状態でしたが、患者さんのお顔からは未来への希望と「治していこう!」という決意が感じられ、

翌日の予約

もいれていただきました。

ヒトの困っていることに手を差し伸べる。簡単ではありませんが、日々のこういった積み重ねを大切にしていきたい
hirano
と思いました。 

 - news