2021.12.21

血流の促進を効果的に行うための基礎知識

  • 冷え、寒さ、接骨院、整体、マッサージ、池袋

血流の悪さと痛み

日常の疲労回復にセルフケアをおすすめする事がありますが、

筋肉疲労やコリからくる痛みはしつこくなると持続的に身体の不調をもたらします。

そんな疲労や痛みの改善要素のひとつが血流促進。

末梢血管の血流や、微小循環といってリンパ液の循環を促進することで痛みや疲労が和らぐ事が体感的にはあります。

血行不良の要因は

·筋の緊張などによる血管絞扼

·自律神経障害による血管拡張不良

·血圧や心拍数の問題

·血管の異常

·運動不足

血液の流れの変化は痛みと深い関係があります。

血流促進

血流促進するためには心拍数を増やすことです。

心拍数を増やすには

運動や入浴、ストレスがかかる事です。

運動は筋肉を収縮させ、末梢まで酸素を送るために血液が必要です。神経伝達も促進するため、適度な運動による血流促進は日頃運動不足な方には必要です。

特に足首を動かしてふくらはぎの筋肉を使う事で゛第2の心臓゛を動かすことができます。

歩く事が大事なのはこのためです。

入浴による血流促進は水圧と温熱による作用です。

熱めの湯は心拍数を上げて体温の恒常性を保とうとします。

入浴は短時間で高い心拍数になる事がメリットです。

シャワーや入浴なしの人より、入浴した方が体内の疲労物質の代謝が良かったという報告や主観的な疲労感も入浴の方が低下したそうです。

マッサージや物理療法は局所的な血流を促進しますが一時的で短期的です。

運動直後や身体を動かしたくないようなメンタル的な疲労も重なった状態には愛着による精神的な安全にもいい影響があります。

ストレスも心拍数を高め、血流促進しますが長期的で不快なストレスは自律神経に負荷をかけて、自律神経障害の原因にもなります。

自分の状態に合わせて選ぶ

血流促進といっても、自分の状態に合わせて行うことをおすすめします。

何でも温めればいいわけではなく、保温や加熱は体を寒さから守ることや痛みをケアするために活用します。

運動不足の人はまずは軽く体を動かす事が優先ですし、体組成から筋肉量が少ない場合や栄養不足が指摘されるなら栄養状態を改善する事で疲労回復しやすくなります。

肉体的な疲労には精神的なケアが必要になる場合もありますが、そのような場合はマッサージなどのタッチケアが有効な場合もあります。

 

部位別で記事を見る

人気の記事

ご予約・ご相談はこちらから

急な身体のトラブル、慢性的な痛みなど、何でもご相談ください!!

03-5985-6713

受付時間/平日10:00~20:20、土日祝10:00~18:40
休憩15:00~16:00

営業時間

整体・接骨院・カイロプラクティック、 リモフィット・カウンセリング
全て年中無休です!!

Access

サンシャイン通り接骨院

東京都豊島区東池袋1-15-1 真下ビル5F

診療時間:年中無休 10:00〜20:30

PageTop