2022.01.02

五十肩の好発部位と保存的な選択

  • 五十肩、肩の痛み、接骨院、整体、池袋

肩関節周囲炎の好発部位

肩関節周囲炎いわゆる五十肩と呼ばれる症状で最も頻繁な病理的な所見は回旋腱板と上腕二頭筋長頭腱に見られると1991年ドイツのBarnbeckの研究にはあります。

回旋腱板は棘上筋、棘下筋、小円筋、大円筋からなる肩甲骨背面から上腕骨頭に付着する筋の腱部です。

上腕二頭筋長頭腱は肩甲骨の関節上結節を起始とし、関節包内を通過し、結節間溝を通る。

停止は橈骨粗面と上腕二頭筋腱膜です。

回旋腱板の役割

回旋腱板は肩関節の安定化機能に貢献します。

肩関節は非常に広い可動域を持ちます。回旋腱板によって様々な動きに対応できます。

回旋腱板は上腕骨を肩甲骨の関節窩に圧迫する役割があります。

回旋腱板の損傷は肩関節のインピンジメントが原因とされていますが、オーバーヘッド運動または投擲競技において損傷しやすいことから引張過負荷の方が影響が大きいとされています。

棘上筋の損傷の場合、約20°および40°の範囲の外転中間位で後方不安定。

棘下筋の場合、前半分の裂傷は外転、外旋の中間位上部および後方で不安定を認めます。

回旋腱板は肩関節外転および外旋の安定に寄与し、オーバーヘッドおよびスローイン動作でストレスが大きい。

上腕二頭筋長頭

上腕二頭筋長頭腱の問題は他の肩関節の問題に含まれる場合があり、特定が困難な症状とされています。

上腕二頭筋長頭腱は関節包内を通過するため、関節包の問題にも影響されます。

また、停止部は橈骨粗面にあるため、肘関節外旋時に肩関節不安定を示す。

保存的治療には

回旋腱板、上腕二頭筋長頭腱のどちらも肩関節および肩甲骨の安定化エクササイズが必要です。

可動域に目が行きがちですが、可動域の回復以前に動きには肩の安定です。

肩甲骨は上腕骨の下垂荷重と肩周囲の筋によって支持されています。

回旋腱板と上腕二頭筋長頭は伸長時の張力が肩関節の安定を高めます。

損傷および断裂がない場合は、ストレッチまたは痛みのない範囲での伸張エクササイズなどを実施します。

 

部位別で記事を見る

人気の記事

ご予約・ご相談はこちらから

急な身体のトラブル、慢性的な痛みなど、何でもご相談ください!!

03-5985-6713

受付時間/平日10:00~20:20、土日祝10:00~18:40
休憩15:00~16:00

営業時間

整体・接骨院・カイロプラクティック、 リモフィット・カウンセリング
全て年中無休です!!

Access

サンシャイン通り接骨院

東京都豊島区東池袋1-15-1 真下ビル5F

診療時間:年中無休 10:00〜20:30

PageTop