久々にぎっくり腰の対処の仕方

こんにちは!! 土田です(^O^)

ぎっくり腰になった時の自分でできる対処方をお伝えします!!

①温めないで冷やす!!!!

あなたのからだが、痛めた腰を治そうとして、痛めた場所に血液を集めてきます。だから痛いとこが熱っぽくなったり、腫れたりするんですよね。

つまり、からだが治る為に熱を出してるんです。風邪の時と一緒ですね。

でも温めちゃうと、余計熱っぽくなったり腫れが増したりして、痛みが増してしまいます。

なのでまずは、痛めてからの2、3日は冷やしてあげてください。冷湿布でも、お菓子についてる保冷剤とかで大丈夫です。

②安静にする!!!!

といっても、日々の生活があったり、仕事もあったりしますよね?

出来るだけ、痛みが少ない姿勢や動作を心がけてください。

寝ているイコール安静という訳でもないです。
痛みが出なかったり動けるなら、座っててもいいし、動いても大丈夫。動ける範囲で動きましょう。

そして痛みが引いてきたら、少しづつ周りから動かしてあげましょう。背中とか、足回り、股関節とかから。
いきなり腰を動かし始めると痛みを感じやすいです。

「あ、ここまでなら大丈夫だ」と思える範囲を少しづつ広げていく。そんな具合です。

ぎっくり腰は、基本的には2、3日で熱と腫れも引いて、痛みも大分治まります。

でも、どのくらい痛めているかは人によってまちまち。

痛みがあっても自分で、「このくらいなら大丈夫!」とか思えるなら大丈夫だと思います。
自分で自分の状態を解っていたりもするんだと思います。

でも例えば、痛くなって、「いつ治るか不安だな。。」とか「出来るだけ早く治って欲しい。。」
そんな風に感じた時は、ぎっくり腰を短期間で治すサンシャイン通り接骨院の出番です(^o^)/

いまどういう状態なのかを知って、それから一緒に治していきましょう!!

当院の口コミが掲載されているサイトです。
エキテン

tuchida

 - news