ぎっくり腰の簡単な見分け方

こんにちは!中山です(^^♪
 
 
先日書いたブログの続きで
ぎっくり腰なのか?そうじゃないか?の見分け方を教えますね!
 
 
以前から何度も書いてますが
急に痛くなった場合は、痛めた部分を治そうとする為に
痛めた部分に血液が流れ込んできます。
なので、そこの部分だけ痛めてない所と比べると
発熱しています。

急に痛くなった時は、冷やした方が良いのは
ご存知だとは思いますが
出先とかだと、湿布とかもないと思うので
何でも良いので、手に触れて冷たいと感じる物で
こんな感じ

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%91%e3%83%b3

%e7%bc%b6%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9
 
直接患部に触れてみて下さい。 
痛めている部分は気持ち良く感じるはずです。
 
すると、もしそれで自分の状態が分かったら
その後の対処の仕方が変わってくるはずです。
 
例えば、お酒を控えたり。お風呂に浸かるのを控えたり。
 
 
皆さんも急に痛くなった時は、試してみて下さいね!!
 
当院の口コミが掲載されているサイトです。
エキテン

 - news