施術をする時やドラムを叩く時に意識をしている事

おはようございます!中山です(^^)
 
 
nakayama
 
昨日は施術やドラムを叩く時に色々試行錯誤している事を書いたんですが
今日は具体的に何を意識しているのかを書きたいと思います。
 
 
まずは、足元の意識です。
施術の時は足の裏にちゃんと体重がのっているか
ドラムの時は、しっかり足の重さをペダルにのせられているかです。
 
施術の際に、足の裏にちゃんと体重がのっていないと
上半身に余計な力が入って、施術の効果が出にくいし
自分自身が疲れやすくなります。
 
ドラムも同様に、足の重みでペダルを踏めると
上半身の力みが抜けて、小さな力でも大きな音が出やすくなります。
そして、ライブの時に良いパフォーマンスが発揮しやすいです。
 
もう一点は頭の位置です。
これは当院の社長に教えて頂いた事なんですが
施術の際に頭の位置が、足先よりも前に倒れてしまうとバランスを崩しやすくなります。
なんせ頭部は5kg位程ありますからね。
 
頭が前に倒れるという事は
背骨の真上に、頭がのっかってないという事なので
そりゃあ不安定になりますね。  
 
ドラムも同様、頭の位置を前に倒れないように
目線を上げて頭が下がらない事を意識しています!!
どうしても、疲れたり
バンドのアンサンブルを気にして良く音を聞こうとすると
頭が下がりがちです。

 
この2点をやるだけでも
大分変わってきます。 
 
これは日常生活でも同じ事がいえると思います。
 
足の裏にちゃんと体重がのっている実感はありますか?
電車でつり革持ってないと、直ぐフラフラしませんか?
パソコンを見てる時、画面に近づいてませんか?
家事をしている時に、下ばかり向いてませんか?
通勤通学でスマホを見ていて、下ばかり見てませんか?
 
どれか当てはまるのであれば
少し意識してみて下さいね! 
 
ではライブの模様を是非!観てみて下さい!
スパルタローカルズ
 

 - news

      2018/01/14