急に痛くなったときは!

こんにちは!中山です(・∀・)ナイス!

最近 ギックリ腰や寝違え等の急性的な痛みの患者さんを、施術する機会が
多くなってきました。。

急に凄く痛くなった時はお酒を控えて欲しいですね。

僕もお酒が好きなので、今の時期のビールが最高なのは分かります。
お酒を飲む方の常套句で「アルコールを飲んだら痛みが引くかと思って」
とか、「アルコール消毒出来ると思って」等。
まぁ僕もたまに使いますが(笑)

体が炎症を起こしている時に、血流が良くなる事をすると
逆に痛みが増す可能性があるので、気をつけて下さいね!!

ギックリ腰になった時の対処の仕方が書いてるので下記を参照に。

1.患部を冷やす
痛みが出ると「炎症」といって、患部が熱を持ち始めます。
その時に温めてしまうと、患部に血液の流れがよくなってしまい痛みが強くなってしまう事があるので気を付けて下さいね。

冷たい湿布や保冷剤がない場合は、冷たい飲み物が入っているペットボトルでも代用出来ると思います!

2.痛みを確認する動作を控える
痛みがある時に、痛みを確認する動作を沢山してしまうと、痛みを認識しやすくなってしまうのであまりオススメしないです。

「ここまでは動ける!」という動きの確認はOKです!

3.ラクな体勢でいる
痛みがある時は自分がとっていて「この姿勢だったらラクだなぁ~」という姿勢で安静にして下さいね!

そんな感じです(^^)

患者さんの口コミが掲載されているサイトです!!

エキテン

 - news