サビつき の連鎖は「ある部分」に行き着く

*呼吸器の弱さから生まれた新たな急所

人には 動きのクセ があり、よく使っている部分は強く、動かせない部分は弱くなっていきます。

サビつき の連鎖は、この弱った部位に生じやすく、波及ルートによって現れる症状も変わります。

その為、これまでは直接体を診ないとルートの特定ができませんでした。

しかし近年、多くの人が確実に弱っている部位がハッキリしてきました。

それが呼吸器です。

呼吸器が弱ると、肺や気管支と連動する骨や筋肉の働きも弱る為、現代人はここに

重度の サビつき が集まりやすくなっています。

この呼吸器と関係の深い筋肉・骨が集まっているのが 上胸部の三角点 です。

最近は、体内のどこで サビつき が起こっても三角点に連鎖が及び、ここを伝って

様々な症状が発生するケースが急増してます。

三角点は今や「現代人の急所」と呼べるほど、重要なポイントになりつつあります。肩甲骨

 - news